一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会とは・・・

一般社団法人新宿副都心エリア環境改善委員会は、都市を取り巻く環境が大きく変化する中で、西新宿地区全体での取り組みによる課題解決や都市間競争力の向上を目指し、民間企業十数社で2010年6月に任意団体として発足致しました。発足以降、2011年12月のアジアヘッドクォーター特区指定に伴う地域協議会への参画、2012年6月の環境改善プロジェクト第1 弾・面的無線LAN 事業の開始等、積極的に活動を重ねて参りました。また、官民連携によるまちづくりの推進のため、新宿区と共に西新宿懇談会を立上げ、2014年3月に「西新宿地区まちづくり指針」を策定致しました。
2014年4月には、まちづくりの担い手として公的な位置付けを得るべく、法人格(一般社団法人)を取得致しました。2014年10月の東京圏国家戦略特別区域会議構成員への選定、2015年3月の都市再生特別措置法に基づく都市再生推進法人の指定、東京都しゃれた街並みづくり推進条例に基づくまちづくり団体登録等により、官民オープンスペースの一体的な活用に向けた取り組みを進めております。

西新宿地区まちづくり指針検討範囲と委員会参加企業

<理事長>
伊藤滋(早稲田大学特命教授)

<構成16者>
小田急電鉄株式会社  / 京王電鉄株式会社  / 一般財団法人 公園財団 / 学校法人 工学院大学
/ 株式会社新都市ライフホールディングス  / 住友不動産株式会社  / 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
/ 大成建設株式会社  / 学校法人 東京医科大学 / 東京ガス株式会社
/ 東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社  / 東京建物株式会社
/ 独立行政法人 都市再生機構  / 日本生命保険相互会社 / 野村不動産株式会社  / 三井不動産株式会社
(敬称略、五十音順)

沿革

2010年6月 『新宿副都心エリア環境改善委員会』発足
2011年3月 『エリア再生ガイドプラン素案』策定
12月 アジアヘッドクォーター特区指定に伴う地域協議会への参画
2012年6月 環境改善プロジェクト第1 弾・面的無線LAN 事業の開始
2013年3月 新宿区との官民連携組織「西新宿懇談会」立ち上げ
2014年3月 西新宿地区まちづくり指針策定(西新宿懇談会)
4月 一般社団法人へ移行
7月 新宿中央公園において、(一財)公園財団、京王電鉄㈱と「水と緑のEvening Bar!!!」を開催
10月 東京圏国家戦略特別区域会議構成員への選定
2015年3月 都市再生推進法人に指定
6月 国家戦略道路占用事業として新宿副都心街路が認定
10月 国家戦略道路占用事業を活用した社会実験『Shinjuku Share Lounge2015』実施
2016年9月 国家戦略道路占用事業を活用した社会実験『Shinjuku Share Lounge &TOKYO』実施
(東京ブランド推進プロジェクトに採択)

組織体制

組織体制画像組織体制画像

1 都市空間分科会:
都市計画や都市基盤に関する将来ビジョンの検討、行政への提言、社会実験の計画等を通じて、エリアの再整備・活用を通じた豊かな公的空間の実現を図る検討を行っています。

2 防災・環境分科会:
西新宿エリアのDCP(District Continuity Plan)やエネルギーネットワークのあり方といったテーマの下、安心・安全、低炭素、生態系との共生などサステイナブルなまちづくりを図る検討を行っています。

3 PR・イベント分科会:
公的空間を一体的に活用したイベントの企画、エリアのブランディングの検討と発信等を通じ、ソフトの面でのまちづくりの推進とエリア価値の向上を図る検討を行っています。

4 環境改善プロジェクト検討委員会:
本会の目的を達成するために実施する環境改善プロジェクトの検討のため、運営委員会の承認を得て臨時に設置されます。

決算公告

→平成28年度 貸借対照表(PDF)

→平成27年度 貸借対照表(PDF)

→平成26年度 貸借対照表(PDF)